2005年03月26日

飲み屋の作り方 --物件探しの巻--

 どうして高円寺でお店始めたの?とよく聞かれるのだが、こればっかりは
いつも返答に困ってしまう。
 いや、正直なところ、特別な理由は何もなかったの。
 ただなんとなく、中央線で、吉祥寺以上中野未満、というざっくりした希望
があっただけ。強いて言うなら、アヤが高円寺に暮らしているので少しばかり
土地勘があった、というくらい。実際、西荻窪あたりも歩いてみたりしたし、
念のためにあたしが住んでいる下北沢でもいくつか当たってみたんだけど、ど
うも気乗りがしないというか、「ココだ!」という勘が働かなかった。もちろ
ん、他の土地では予算や広さなどの条件が整わなかった、というのもある。
 つまるところ、たまたま高円寺でいい場所が見つかったから、というのが、
一番の理由になるのかな。
 2004年8月上旬、高円寺でアヤと落ち合う。
 前々から彼女が言ってた気になる物件、というのはアヤが既に下見に
行っていたが、現在その場所を使用中のオーナーが「一応契約が切れる
から次の募集をかけただけ〜まだ続ける気あるもんね」という感じで、
中も見たけどイマイチ、ってことだった。
 で、とにかく歩いてみっか、と高円寺のめぼしい不動産屋の店先を覗
いて歩くも、ほど良い広さでしかもお手頃な価格の物件は見当たらない。
 日も傾いて、歩き疲れてきた。その上、不動産屋もほとんど閉まって
きた。
 あー。そう簡単には見つからないよな…と分かってはいたものの、
やっぱり肩を落としつつ純情商店街の1本裏を歩いていたら、どう見ても
スナックなのに不動産物件が貼り巡らしてある不思議な店先を発見。脇
のドアに貼ってある物件情報はかなり魅力的な条件だった。
 ダメモトでその不動産屋に行ってみる。
 不動産屋はまだ営業していた。早速内見を希望してみると、人の善さ
そうなおじさんが「あーいいですよ。近いから行きましょうか」と鍵を
取り出し、先に立って歩き出した。
 貼り紙の物件はさっきのビルの2階。貼り紙のあった鉄扉を開けると、
ズドーン!と3階までまっすぐの細い階段が現れた。不動産屋さんに続い
てぞろぞろと登る。
 2階の踊り場で向かい合うクリーム色に塗り直したばかりな感じの扉が、
ちょい古臭い感じでかわいい。
 中に入るとおお!何もない!が、いい広さ。しかし、造り付けの水回
りや換気扇が、あまりにドアに近い。そこを活かすとなると、厨房を作
る位置が難しいなぁ…
 などど話していると「隣も空いてるんですよ」とのこと。
 では是非、ということで向かいの部屋へ。
 おお。いいですね。こっちは横の壁にも窓があるのね。いいですが…
やっぱり水回りの位置に難ありだなぁ。
 とか言っていると、「実はこの上も空いてるんですがね」おお!
 
 更に階段を上り、突き当たりを右に折れてまた上る。ビルの造りがお
もしろい。
 不動産やさんが鍵を開けるが、扉が固くて開かない。
「リフォームしたばっかりだから…ペンキがね…固まっちゃったかな…」
 うんうん言ってノブを引っ張るが開かない。交代してアヤが、そして
あたしが引っ張るがダメで、同行していたあたしの相方ががんばってよ
うやく開いた。
 リフォームしたての新しい臭いが鼻をつく.
 が、それ以上に、目の前に開けた空間に目を奪われた。
 下の部屋よりは狭い。しかしベランダが付いている!
 一気に想像が膨らむ。
 2人してここらへんにカウンター造って、このあたりにテーブル席とか
作れたらいいよね!ソファは置けるかな?無理かな?厨房はここだよね、
などと矢継ぎ早に話す。
 話しつつ、不動産屋さんにも、飲食店としての改造は可能か、契約終
了の際は元に戻さねばならないのか、付けられる設備は、などなどいろ
いろと伺う。じっと話を聞いて丁寧に答えてくれて、とても良い印象が
残った。
 予算のことを考えると、ほんとは造作付きの物件の方がいいんだけど、
どうしよう。


hazu
posted by 高円寺ごち:営業時間19時〜3時/杉並区高円寺北2-7-13高円寺銀座ビル3F右/03-3338-7077 at 15:37| Comment(1) | TrackBack(1) | 開店記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは

春ですね〜

もう来月はTAMAGAWA SPLASHです。

そうそう http://01.air-nifty.com/tsp/ から
このページにリンクもはらせていただきました。

「テゲテゲ」のご家族も張り切って参加してくれことになりました。

お待ちしてますよ〜〜 
Posted by 鼻歌ことJUN-JI at 2005年03月29日 14:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

2005年のTAMAGAWA SPLASH  始動です
Excerpt: ひと雨ごとに春を実感する今日この頃 皆様いかがお過ごしですか? 200
Weblog: ■鼻歌研究所 ■    TAMAGAWA SPLAH
Tracked: 2005-03-29 14:04