2005年08月16日

飲み屋の作り方[07] --捜査は足を使えの巻--

chair01.jpgchair02.jpgchair04.jpglump-ball.jpgreizouko.jpg

物探し中に撮りまくった品々の一部。
この写真の中に、実際に店で使ったものがいくつあるでしょう?


■10月中旬:全国物探し行脚

 相方に車を出してもらって千葉県のリサイクルショップへ。行く先はネットと電話帳で目星をつけてある。
 1軒目、厨房機器は希望のサイズのものがなかったが、ちょっといい椅子を発見。数も充分にあるし1本3000円と安い。若干カビが浮いているが、磨けばいけそう、と写真を撮る。

 2軒目不発、しかし飲食店用品のカタログゲット。
 3軒目で意外とかわいいマージャンセットの椅子発見。撮影してアヤに写メール。自動雀卓はいらないけど別売してもらえるかな。
 4軒目あたりで、だいぶワケがわからなくなってくる。自分が探しているのは何だっけ?
 5軒目でカリモクソファの中古発見。本物のカリモクにしてはかなり安いが、状態が悪い。うーん。一応撮影。しかしこんなデカいのは置けない。うーん。
 陽が暮れた。
 今日回れるのは最後と思われる6軒目。学校椅子が980円で売っているのを発見。だけどこれはあんまりだよな。手ぶらで帰るのが嫌で、小さめの鏡を200円で購入(現在トイレで使用)。
 遠出したのに収穫が少ない…。

 さて、今度は高円寺の現地にて木ごころさんと打ち合わせ。社長の飛澤さんと担当の柳沢さんのお二人が、船橋からはるばる来てくださる。
 しかしlove the lifeさんのおっしゃっていた通り、やはり11月は仕事が詰まっており、工事は12月1日からがギリギリ、とのこと。
 お二人とも若くて、こちらの無理難題を聞き入れいろいろと解決策を提案してくださる態度にかなり好感を抱く。見積り次第だけど、オープンを先延ばしにしても木ごころさんにお願いしたい感じだなぁ。
 30アンペアしかないという極度の電力不足についても、まだ方法があると思いますと言ってくれて、検討のために必要電力の表を作ることになった。
 そこで今度は消費電力調査で家電屋とネットを放浪する日々。
 しかしどんなに消費しないものを選んでも、照明のほとんどを10Wに抑えても、合計40アンペアを超える。最悪、電子レンジ使う度にエアコン切るとかして、騙し騙し行くしかないのか?

 木ごころさんとの打ち合わせ後、いくつかピックアップした都内の中古店舗用品店やアンティークショップを回るため、友人・まーくんを呼び出す。バイクで案内してもらうつもり。
 アヤが乗せてもらい、まずは江古田の古道具屋へ。ここでメニューボードを購入。しかし後で聞いたら他の店はイマイチ不発だったとのこと。

 こちらは下北沢の古道具屋を巡る。
 下北沢には、その筋では有名な昭和初期の時代家具をリペアして扱っている店から、ミッドセンチュリーもの、アジアンもの、と、いろんなテイストの古道具店がある。
 今メインで探しているのは椅子と照明なんだけど、なかなか惚れ込むようなものに出会えない。
 しかしまーくんが「これからいろいろ物が増えるんだろ。ウチ使っていいよ、倉庫代わりに」というありがたい申し出をしてくれた。
 
 翌日、町田の大型リサイクルショップに行く。
 こういう大型店舗の方が確実に大きな機器を扱っているのだけど、なんせ遠いのが難点。あたし達には遠出できる足がないのが痛い。
 朝っぱらから遠い道のりを電車で向かうが、あまり収穫なし。ただ、収納用の吊り戸棚も、規格品の中古がいろいろ出ていることがわかった。厨房側だけなら使えるかも知れない。もしこれが使えれば、作るつもりだった戸棚の分の予算が少し削れるかも。ジャストサイズじゃないのが問題だけど…。
 やっぱり手ぶらで帰るのが嫌なので、ちょっとかわいい再生アルミっぽい風合いの古い銀色のナベのみ購入。
 その足で、八王子のリサイクルショップへ。ここも結構大型と聞いていたのだけど、行ってみたら改装中だかでほぼもぬけの殻。お話にならないほど何もない。肩を落として駅に戻る。
 
 今日はもう1ケ所、神社の境内でやってる骨董市に寄ってみようと思っていた。が、途中でまーくんから「友達の古道具屋に来てるから来い」と連絡が入った。前々からまーくんが紹介してくれていたお店だ。で行き先変更。
 大きな移動が続くわりにはほとんど収穫がないことにちょっと疲れも出てきていて、低いテンションのまま大森に向かう。

 実はここまでで最も悩みどころなのが照明だった。
 当初、テーブル側は天井から吊り下げる形のランプにしようと話していた。しかし照明を扱っている店に行っても、あるのは小奇麗な新品ばかりで、どうにもピンと来ない。空間の雰囲気が大きく左右される照明器具が決まらないので、その先のイメージも膨らんでいかず、完全に煮詰まってしまった。
 大正から昭和初期の頃にあった、小さめのホーローかガラスの傘がついてるシンプルな感じとかどうかな?なんていう話も出た。しかしこれにしてしまうと店の雰囲気が一気にレトロ一色になってしまうのでは、という危惧があった。古い道具は好きだけどレトロは目指してなかったし、第一、貧相になってしまいそうな気もした。
 こう、いい感じに使い込まれた感があって個性的、かつ、『ミッドセンチュリー風』とか『アジアン風』とかいう枠にはまらないデザイン。それでいて全体から浮いてしまわない、しっくり馴染む感じのもんないのかよ!
 

 道々お互いの持っている内装イメージを再確認しつつ、古道具屋『pan potz』に到着。既にまーくんが中でお茶を飲んでくつろいでいて、中国人のような風貌の松澤さんが笑顔で迎えてくれた。
 倉庫のようなお店の中には家具・照明の他に、用途の分からない何かの部品、言ってしまえばガラクタのような品々が積み上がっていた。だけどその用途が分からない感じがまた良くて、あたし達は挨拶もそこそこに、お店のあちこちで「これカワイイ!」を連発した。
 そんな様子をしばらく眺めていた松澤さんは、いとも簡単に『あたし達が好きな感じ』を読み取り、「じゃあこんなのも好き?」といろいろな品を見せてくれた。
 そんな中、素敵なランプを発見。他の人が松澤さんに特注した手作りランプだったのだけど、ものすごく気に入ってしまった。これを使いたい!
 聞けば「形は少し変わると思うけど同じ部品はまた手に入るだろうから、作れるよ」ということだったので、早速注文。デザインはお任せした。松澤さんなら大丈夫だ。
 そうと決まったら、いっぺんに目指すところがクリアになったような気がした。いい素材を見ているうちに、看板やカウンター照明などのアイディアも次々浮かんできて、すんなり決まっていった。
 『pan potz』を後にする頃には2人とも足取りが軽くなっており、帰り道たまたまやってたお祭りで乾杯して帰った。
 
 ネットオークションでシンクの希望サイズ・幅90cmのがなんと4000円で出てたので、初めての入札にチャレンジ。倍額まで値が釣り上がったとしても激安だ。
 翌日、また相方に車を出してもらい、テーブル用の椅子を買いに行く。
 昨日『pan potz』で照明を見つけた時に、テーブル用の椅子は千葉でみつけた1本3000円のに決めていた。
 と、別行動で保健所に相談に行っていたアヤから電話が入る。
 保健所が「シンクの幅は2槽のそれぞれが幅45cm以上と決まっているので、全体で幅1mは必要」と言って譲らない、と言うのだ。
 正式な届出の前に保健所に図面を見せてまずい部分を指摘してもらっておくと、本番でスムーズに通る。もし指摘されるとすればここらへんかな…といくつか予測を立てていたのだけど、これは全く予想外のダメ出し。
 入札中のシンクは幅90cm、落札できちゃったらまずい。あー誰か上に被せて入札してくれないものか…(後でキャンセル可能な場合もあるけど、キャンセルはオークション参加者としての評価が落ちてしまう。落ちると後々の取り引きに響く可能性があるのでやりたくない。)
 気を揉んだが、夜、入札中のシンクが別の人に落札され終了。あーよかった…次はもっと慎重にやらなくちゃな…と言ってる間もなく、今度は格安の製氷機を発見。状態もそこそこ良さそうだ。
 製氷機の一番小さいタイプは人気が高く、中古屋ではなかなか見つからない。新品が安くなっててもだいたい14万台。それがなんと3万で出ている。これは落とす!と気合い入れて挑み、結果4万5千円で落札。勝った!
 搬入先はアヤの家にさせてもらい、はるばる九州から送ってもらう。

 肌寒い雨の降る中、ネットで見つけた神奈川の中古厨房機器屋に行く。今回は車がないので電車と徒歩。
 降り立った駅には人陰がなく、倉庫が立ち並ぶ大通りを大型トラックが水煙を上げてすっとばして行くばかり。うら寂しい…。自然、口数も少なくなる。
 全体にグレートーンの風景の中、黄色いハデな看板が目につく。そここそ、目指す『売っちゃいな買っちゃいな屋』(えらいネーミング)。
 期待薄なまま足を踏み入れたのだが、意外や意外。やっと見つけました!希望サイズの冷蔵庫。見たところひどい汚れもなく、状態も悪くなさそう。最も気になるお値段も、これまでのところで最安値。動作も問題ないと言う。
 だけど、今買ってもすぐに送ってもらうわけにはいかない。物件はまだ契約もしていないのだ。いくら物品はまーくんちに置いておけるとはいえ冷蔵庫は大き過ぎるし、できるだけ余計な移動をしたくない品だ。
 店員さんに相談すると、本当はあまり長い取り置きはやっていないんだけど、11月末までということならお預りしましょう、と言って下さる。ありがたい!しかも「搬入できるかどうか、通路幅を測ってご連絡ください。確認しますので」と測るべき箇所まで教えてくれた。いい店ですよ、売っちゃいな買っちゃいな屋さん。
 一番の大物の目星が付き、一安心。中華街でご飯を食べて帰った。

 カウンター椅子は前にテンポスで見たものに決めた。元々の貼り地がちょっと汚いのが気になっていたのだけど、これは自分達で張り替えをやろうということになった。いろいろ確認しにテンポスに出かけたアヤに椅子の取り置きを依頼してもらい、購入日を10月下旬に決定。ついでにその時調理器具なんかも揃えよう。これらは全てまーくんちに搬入の予定。
 これで基本的な物資の見通しが立ってきた。ちょっと肩の荷が降りる。
 
 しかし、9月に家具屋にお願いしていた板の見積りがまだ来ない。正式注文から納品までは3ヶ月を見ておかなければならないというのに…。
 しびれを切らして電話を入れるが、まだ現地からの返答がないとのこと。…予想できたことだけど…そろそろヤバいんすけど。家具屋にいた自分が言うのも何だけど、なんせインドネシア相手なもんだから、納期とか危なかしいんだよな…(全てのアジア家具屋さんがそうと言うわけではないですよ。)
 なんとなく嫌な予感もあって、念のため別の板も探しておこうと思う。
 天板以外の、棚やカウンターの腰の部分はOSBという集成材を使うと決めていたんだけど、天板だけは妥協したくなかった。
 しかも電気屋からも連絡がない。何度も電話してんだけど、毎回留守電で音沙汰無し。内装工事との絡みもあるし、一括して工務店さんにお願いしちゃいたいところでもある。こっちは見切りつけた方が良さそうだ。

 物についてはだんだん揃ってきた。
 だけど、何かを忘れているような気がする。あと必要なのは何だっけ?

hazu
posted by 高円寺ごち:営業時間19時〜3時/杉並区高円寺北2-7-13高円寺銀座ビル3F右/03-3338-7077 at 03:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 開店記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フルだけフッて、
・・・
申し訳ない。

>何かを忘れているような気がする。
なに?なに?何を忘れてるの?
大変!早く思い出して〜!
・・・
続きをお待ちしております。
Posted by 雪だるま at 2005年09月09日 10:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5935374
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック