2006年09月28日

飲み屋の作り方[11]--オープンまであと1ヶ月なのに問題続出

壁らくがき.JPG 天井穴01.JPG

ベランダてすり.JPG


 さて、天井にダウンライトの穴を開ける段になって、ハタと困った。またしても図面の数値が通用しなくなってしまったのだ。なぜかというと、天井近くに出っ張りがあるのを考えてなかったから。ああ、重ね重ね手落ちが…申し訳ない。

続きを読む
posted by 高円寺ごち:営業時間19時〜3時/杉並区高円寺北2-7-13高円寺銀座ビル3F右/03-3338-7077 at 05:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 開店記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月14日

飲み屋の作り方[10]--オープンまであと1ヶ月

床はがし01.JPG 水道工事01.JPG


■2004年11月中旬:やっと物件契約

 この時期あたりから、記憶があいまいになっている。
 いや、よーく覚えてるんだけど、いったいどの作業をどの順で進めていったのか、判然としない。それだけ慌ただしく、夢中だったってことか。


 11月中旬、無事、物件の契約をした。これで大手を振ってこの場所に出入りできる。
 いよいよ頭の中にしかなかった計画が形になり始めるのだ。部屋の鍵が城の鍵に見える。
 しかしドアの固さは初めてここに来た時から変わらない。ひどい時は、ドアノブに手ぬぐいかなんかを巻いて引っ張らないと開かない。枠と扉が当たっている部分の塗装が厚いせいのようなので、どこか目立たないところを少し剥がした方がいいかも知れない。
続きを読む
posted by 高円寺ごち:営業時間19時〜3時/杉並区高円寺北2-7-13高円寺銀座ビル3F右/03-3338-7077 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 開店記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

飲み屋の作り方[09]--2004年11月上旬/オープンまであと1ヶ月半

■2004年11月上旬:やっと名前決定

 11月頭、カウンター天板の見積りをお願いしていた家具屋から連絡あり。価格は予想通りかなり安く、施工屋さんも驚くほどだった。
 現地工場からの出荷と船のタイミングが合えば、ギリギリ間に合うかも知れない。
 納期について念を押し、すぐさま発注してもらう。間に合うか?
 
続きを読む
posted by 高円寺ごち:営業時間19時〜3時/杉並区高円寺北2-7-13高円寺銀座ビル3F右/03-3338-7077 at 03:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 開店記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月05日

飲み屋の作り方[08] --2004年10月下旬、買い物三昧--

2006年、明けましておめでとうございます。
昨年はほんとにみなさま、お世話になりました!
そして今年もお世話になります!
どうぞよろしく、楽しくおつき合いいただければと。

というわけで、長らくお待たせしました。
開店記の続きでございます。一昨年の10月、何をしていましたか?
あたしたちはこんなことしてました。



■2004年10月下旬

 この頃になると、これまであんまり鳴らなかった携帯が日に何回も鳴るようになり、着信音に怯えるようになる。電話は苦手だ。
 特に打ち合わせたわけではなかったが、不動産屋や役所との相談・交渉と会計はアヤが、素材探しや下調べ、図面・施工関連は主にあたしが担当する、という具合に自然と分担が決まってきており、後でお互いの話を突き合わせて相談/決定するというスタイルで仕事は進んでいた。

続きを読む
posted by 高円寺ごち:営業時間19時〜3時/杉並区高円寺北2-7-13高円寺銀座ビル3F右/03-3338-7077 at 04:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 開店記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

飲み屋の作り方[07] --捜査は足を使えの巻--

chair01.jpgchair02.jpgchair04.jpglump-ball.jpgreizouko.jpg

物探し中に撮りまくった品々の一部。
この写真の中に、実際に店で使ったものがいくつあるでしょう?


■10月中旬:全国物探し行脚

 相方に車を出してもらって千葉県のリサイクルショップへ。行く先はネットと電話帳で目星をつけてある。
 1軒目、厨房機器は希望のサイズのものがなかったが、ちょっといい椅子を発見。数も充分にあるし1本3000円と安い。若干カビが浮いているが、磨けばいけそう、と写真を撮る。

続きを読む
posted by 高円寺ごち:営業時間19時〜3時/杉並区高円寺北2-7-13高円寺銀座ビル3F右/03-3338-7077 at 03:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 開店記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

飲み屋の作り方[06]--下見と見積りの巻--

naisou01.jpg naisou02.jpg

思えば、ごちの物件を見つけたのは去年の8月だった。あれから1年…早いなぁ。
今はまるで最初からお店だったみたいだけど、当初は写真の状態でした。なーもないでしょ。


■10月初旬:
 
 アヤもあたしも無事前職を離れ、これでいよいよ本腰入れて動き出せる。
 まずやらなければならないのは、何にどれだけお金がかかるか、全ての見積りを取りまくることだ。なんせ予定地には飲食店に必要なものは何一つない。小物一つから家具、内装工事、物件の契約まで、調べなければならない事はごまんとあった。
 
 知り合いの元電気屋さんに、電気工事の見積りのため予定地へ来てもらう。
 そこで早くも問題が発生した。

続きを読む
posted by 高円寺ごち:営業時間19時〜3時/杉並区高円寺北2-7-13高円寺銀座ビル3F右/03-3338-7077 at 03:02| Comment(1) | TrackBack(1) | 開店記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月19日

飲み屋の作り方[05] --図面と物探しの巻--

■9月上旬:十数年ぶりにまるで課題のように図面を引く

heimenzu01.jpg

 アヤに物件のサイズを測ってもらって、FAXでうちに送ってもらう。それを元にうちの相方がCADで白図を起こし、それをコピーしていくつか案を書き込んでいく。これをlove the lifeの勝野さんに送り、アドバイスをいただこうという腹。
 勝野さんは店舗を中心に内装デザインから食器・小物の提案まで幅広いお仕事をされている。アヤの学生時代の恩師であり、渋谷ごち時代からのお付き合いということに甘えて、忙しい中お時間を割いていただくことに。

 勝野さんとの打ち合わせ当日、早めにアヤと合流、高円寺のミスドで仮図面を検討する。
 案は2つ。カウンターをL型に置き、ベランダ側にテーブル席を2つ設置するプランAと、入口から向かって右寄りに長いI型カウンターを置き、左側の壁ぎわにテーブル席を作るプランB。

 プランAのいいところはグループのお客さんも座れる席が作れそうな所。
 しかしキッチン内には、ざっと挙げるだけでも
  ・コールドテーブル(高さ80cmほどの冷蔵庫)
  ・2槽もしくは3槽のステンレスシンク
  ・ガス台
  ・電子レンジ
  ・炊飯器
  ・製氷機
  ・生ビールサーバー
  ・手洗いシンク(陶器製の手洗い専用の流し。保健所の規定で、厨房入口
   には必ずこれがなければいけない。しかし3槽のステンレスシンクで、
   1つを手洗い専用ということで規定をクリアしている店もある)
  ・ゴミ箱
  ・食器棚など収納家具
 などなどを収めなければならない。
 プランAではこれらの配置が難しく、自分達の動線がイマイチなのが難点。かなり強引な形か。
 
 その点プランBはキッチンへの出入りがしやすく、自分達が動きやすくなる。反面、席数が減ってグループのお客さんに対応しづらくなる。
 高円寺という土地柄と店の規模を考えると、カウンターメインのプランBの方がいいかも知れないが…
続きを読む
posted by 高円寺ごち:営業時間19時〜3時/杉並区高円寺北2-7-13高円寺銀座ビル3F右/03-3338-7077 at 06:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 開店記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月28日

飲み屋の作り方 --店の名前の巻--

■8月初旬

 高円寺の物件を見た翌日の昼休み、一服中の社長に恐る恐る辞めたい旨を
切り出す。
 社長は「やりたいことをやった方がいいよ」とすぐに言ってくれ、その場
で9月末の退職が決まった。こうなったらあとは後任を早く決めて、引き継
ぐのみだ。
 後日、家具屋の店番をしている時に、自分が店をやる時には絶対置きたかっ
たバリの竹風鈴を購入。まだ何にも決まってないのに…。
 
 暇を見て、また物件探し。高円寺の物件はかなり気に入っていて、あたし
の頭の中ではそこでやるイメージがだいぶ固まっていたのだけど、契約交渉
のためにも他を見てみた方がよかろう、ということで、西荻窪あたりまで足
を伸ばす。

続きを読む
posted by 高円寺ごち:営業時間19時〜3時/杉並区高円寺北2-7-13高円寺銀座ビル3F右/03-3338-7077 at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 開店記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月26日

飲み屋の作り方 --物件探しの巻--

 どうして高円寺でお店始めたの?とよく聞かれるのだが、こればっかりは
いつも返答に困ってしまう。
 いや、正直なところ、特別な理由は何もなかったの。
 ただなんとなく、中央線で、吉祥寺以上中野未満、というざっくりした希望
があっただけ。強いて言うなら、アヤが高円寺に暮らしているので少しばかり
土地勘があった、というくらい。実際、西荻窪あたりも歩いてみたりしたし、
念のためにあたしが住んでいる下北沢でもいくつか当たってみたんだけど、ど
うも気乗りがしないというか、「ココだ!」という勘が働かなかった。もちろ
ん、他の土地では予算や広さなどの条件が整わなかった、というのもある。
 つまるところ、たまたま高円寺でいい場所が見つかったから、というのが、
一番の理由になるのかな。
続きを読む
posted by 高円寺ごち:営業時間19時〜3時/杉並区高円寺北2-7-13高円寺銀座ビル3F右/03-3338-7077 at 15:37| Comment(1) | TrackBack(1) | 開店記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月21日

始まりは突然に

■2004年7月某日

 その頃アヤは吉祥寺のカフェ、あたしはバリ家具店に勤めていた。お互い
忙しく、あまり連絡を取らずにいて、あたしの方はすっかり飲食業から離れ
てネット通販にどっぷり漬かりつつ、ストレスでハゲたりしていた。
 そんな中、アヤから久々に連絡。
 ちょうど休日だったその日、まだ日も高いうちから下北で酒を飲む。

 ひとしきり互いの近況を話した頃、アヤが店の話をきりだした。
 自分がやりたいのは酒を飲ます店であること、今住む家の近くに気になる
物件があること、必要経費はなんとか工面できることなどを聞く。
 突然で驚いたものの、一も二もなく即快諾。あたしの方も、いつかはまた
アヤと一緒に店をやりたいなぁと思っていたので。
 すぐにスケジュールや方向性について相談。
 だいたい考えていることは同じで、店は小さくとも気の利いたつまみと、
旨い飯、酒は焼酎と日本酒を中心にしていくことなどを話す。

 お互いに今の仕事を辞めるのは9月末頃、物件探しはすぐに始めて、10月
には契約、オープンは11月後半、というざっくりした計画を立てる。
 仕事の都合も鑑みて、比較的時間を取りやすいアヤが下見などに動くこと
になり、とりあえずあたしの方は9月に辞められるよう仕事を進めるという
ことになった。
 楽しくなって来た。

hazu
posted by 高円寺ごち:営業時間19時〜3時/杉並区高円寺北2-7-13高円寺銀座ビル3F右/03-3338-7077 at 05:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 開店記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月07日

ランプの話[01]

lump01.jpg

これがごちデザインの方向性を決定づけた、最初のアイテム。

物件を決めて、施工をお願いする工務店さんも決まった。次は図面をひ
いて、必要なものを探して、手配するものはして…と、どんどん具体的
に決めなければならなくなって来たのに、どうも内装の方向性の決め手
に欠けていて、私達2人とも、出来上がった空間をうまいこと想像できず
にいた。

特に照明は空間の雰囲気を左右する重要なアイテム。
当初、天井から釣り下げるタイプのランプを考えていたものの、2人とも
どうもしっくり来ていなかった。
とにかくいろいろ見ようと闇雲にいろんなところを探しまわり、何度も
同じような話し合いを重ねた。
やっぱり、どこでもいくつでも手に入る新品はどうも私達の気持ちに馴染
まない。かと言って、バリバリ昭和初期の和もの、とか、思いっきりアジ
アン、とかいうのも何か違う。こう、いい感じに使い込まれた、しかも時
代や国籍が限定されない雰囲気のもの…という、説明しがたい希望だけは
共通しているものの、「じゃあこういうのは?」と提示できるような品も
見つからずに、早くも煮詰まり始めていた。

そんな時、友達に紹介してもらった骨董やさんを訪ねたところ、そこは
宝の山!
魅力的な品々が雑然と積まれている中に、これとよく似たランプがあった。
主人の松澤さんに尋ねると「それは頼まれて作ったものだから売れないん
だけど、同じ型のライトはまた手に入ると思うから、作れると思うよ」と
のこと。
2人とも一目で気に入って、その場で2コ注文。
骨董品だから全く同じものは作れないよ、と言われるが、そんなこと構わ
ない。松澤さんなら絶対いいもの作ってくれる、という確信があった。

その日、松澤さんの店に行くまでは、なんだか今日も空振りか…なんて
ちょっと疲れた空気だったのが、いいものと出会えたお陰で、たまたま
見かけたお祭りに思わず立ち寄ってしまうほど、一気に足取りが軽くなっ
たのだった。


hazu
posted by 高円寺ごち:営業時間19時〜3時/杉並区高円寺北2-7-13高円寺銀座ビル3F右/03-3338-7077 at 06:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 開店記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする